Top > 妊娠初期 > 妊娠中のタバコ

妊娠中のタバコ

妊娠してなくても、

タバコって「百害あって一利なし」と

言われるほど体には悪いものですよね。


妊娠中となるとなおさらです。


妊娠中の喫煙は母体だけでなく、

胎児にもとても悪影響です。


低体重出産の可能性も

非常に高くなります。


タバコにはニコチンという成分が含まれているのですが、

このニコチンが依存症を引き起こします。


一度喫煙した人が

なかなか禁煙できないのも、その理由です。


でも、妊娠したらそうは言ってられないですよね。

私も、妊娠するまではタバコを吸っていました。


でも、私は妊娠した時つわりはなかったのですが、

タバコを吸うと気持ちが悪くなっていて、

妊娠がわかった時にはすぐに禁煙できました。


でもなかなか止めれない人もいるはず。。。


でも、大事なお腹の赤ちゃんの事を思えば

止めれるはずですよ。


ママだけでなく、

パパや周りの人にも協力してもらって

みんなで禁煙に取り組めるのが理想的ですね。


タバコの煙には主流煙(直接肺に入れる煙のこと)と

副流煙(人が吸ってる煙を吸い込んでしまう)があります。


実は、副流煙の方が

なお体に悪いと言われています。

だからこそ、家族みんなの協力が必要になります。


家族みんなで協力して

健康な赤ちゃんが産まれてきてくれる様頑張りましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【多くの妊婦さんが見ている人気ページです】


産婦人科の選び方をお知りになりたい方はこちら

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





妊娠初期

妊娠初期とゆうものは、体にさまざまな変化が表れるのは
もちろん精神的にも不安定になります。

生活習慣も変わってきますし、初めての妊娠は期待と不安でいっぱいですよね。
ここでは、妊娠初期の頃について私の経験をもとに
紹介して行きたいと思います。

このカテゴリ内の記事

産婦人科の選び方
さまざまな体の変化
つわり
母子手帳の交付
気分転換
日常生活について
食生活
体重管理
妊娠中のタバコ


妊娠から出産までの不安解決メールセミナー 妊娠から出産までの流れに沿って、妊婦さんの不安を解決します
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ
基礎体温と産み分け法
産み分け法について
妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期
産後の生活


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録