Top > 産み分け法について > 性別の決め手

性別の決め手

性別は、卵子と精子が受精したときには

もう決まっているようです。

しかも決め手になるのは卵子ではなく精子です。


男の子精子と女の子精子には

それぞれ異なった性質があります。


「男の子精子」はアルカリ性に強く、

寿命が短くて、数が多く

泳ぐ速度が速いのです。


「女の子精子」は酸性に強く、

寿命が長くて、数が少なく

泳ぐ速度はゆっくりなのです。


このそれぞれの精子の性質をうまく利用して、

さらに「膣の環境」、「セックスの方法と時期」を見極めるのが

希望の性の子供を授かる方法です。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【多くの妊婦さんが見ている人気ページです】


産婦人科の選び方をお知りになりたい方はこちら

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





産み分け法について

私は今、5歳になる男の子がいるのですが、初めて妊娠した時は
産み分け法はしてなかったけど、男の子がほしかったので、
性別を聞いた時はすごくうれしかったです。

息子がだいぶ手が離れた今、二人目を考えている中で、
「次は女の子がいいね」と旦那と話すようになり、二人で色々勉強しました。
ここで、私が学んだことを紹介したいと思います。

このカテゴリ内の記事

性別の決め手
男の子が欲しい!!
女の子が欲しい!!


妊娠から出産までの不安解決メールセミナー 妊娠から出産までの流れに沿って、妊婦さんの不安を解決します
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ
基礎体温と産み分け法
産み分け法について
妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期
産後の生活


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録