Top > 基礎体温と産み分け法 > 排卵日を知ろう

排卵日を知ろう

女性ホルモンの中でも、

「黄体ホルモン」というものが、

生理周期や、体温と大きく関係している様です。


この「黄体ホルモン」は、

体温を上昇させる働きが最も強く、

排卵後に多く分泌され急激に体温が上がっていきます。


つまり、「黄体ホルモン」がたくさん分泌され始める前は、

体温が最も低い時期ということですよね。


この、「体温が最も低い時期」こそが

排卵日ということなんです。


でも、人によっては

「生理不順」や「妊娠しにくい人」も

いたりしますよね。


それに、生理から排卵日までの日数は

平均的には二週間前後のようですが、

個人差がとても大きいです。


毎日基礎体温を測り、基礎体温表をつけて

「排卵のリズム」をつかむことがとても大切になります。


基礎体温は

ストレスや、寝不足などで

多少変化することもあります。


しかし、あまり神経質にならないで、

毎日コツコツと続けることがポイントですよ。


この基礎体温を生理が来た日から

毎日少なくとも3か月は測って

自分の基礎体温のリズムをきっちりつかみましょう。


基礎体温表は本屋さんにも売ってますし、

最近ではパソコンからも取り入れられるみたいですよ。


体調の変化は基礎体温に影響するので、

基礎体温表には、備考欄をつくりましょう。


風邪などで薬を飲んだり、出血があったりした時には

備考欄に書き込んでおくのも、

よいかもしれないですね。


「排卵検査薬」というものもあるみたいです。

値段が高めなので、私は使ったことないですが。。。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【多くの妊婦さんが見ている人気ページです】


産婦人科の選び方をお知りになりたい方はこちら

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





基礎体温と産み分け法

基礎体温は妊娠する上で大変重要になってきます。
産み分け法をする際には特にこの「基礎体温」を
毎日きっちり計ることが大切です。

これから、基礎体温の基本知識と産み分け法について
説明していきたいと思います

このカテゴリ内の記事

婦人体温計の選び方
排卵日を知ろう
色々な婦人体温計
基礎体温の測り方


妊娠から出産までの不安解決メールセミナー 妊娠から出産までの流れに沿って、妊婦さんの不安を解決します
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ
基礎体温と産み分け法
産み分け法について
妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期
産後の生活


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録