Top > はじめての方へ > 出産育児一時金が42万円に

出産育児一時金が42万円に

【出産費用などの出費をご心配されている方はこちら】


こんにちは!「妊娠から出産までの不安解決サイト」運営者の藤田あきと申します


運営者


出産費用は結構かさみますので、

いろいろ大変ですよね。。。(^^;)


でも、そんな状態を助けてくれる情報もあります!!


もうご存知かもしれませんが

平成21年10月1日より、出産育児一時金42万円になりました

厚生労働省HPより


ただし、「産科医療補償制度」に加入している病院などで

分娩した場合に限ります

かかりつけの病院でお確かめくださいね


それ以外の病院では、39万円となります


ここからが重要なのですが、


今回の制度改正では、

今まで出産2ヶ月後にしか貰えなかった出産育児一時金が、


平成21年10月1日より、医療保険者に事前申請をすれば、

代わりに医療機関へ支払ってくれるようになっています


医療保険者とは、市町村などの健康保険組合や共済組合のことですね

サラリーマンや自営業者の方は、役所へ行けばOKです!


これで、出産費用が事前に用意出来なくても

安心して出産できるようになりました!(パチパチ)


ただ、医療機関への支払いが

2ヶ月後となるため、医療機関の資金繰りが悪化することを考え

この制度の猶予を半年間設けています


★平成21年10月1日より、平成22年3月31日まで


つまり、医療機関によっては

代わりに払ってくれる制度を利用出来ないケースがあるということですね


なので、病院で必ず確認しましょう


まだ制度を導入していない病院で出産する場合は

以前の制度をそのまま利用することになります


ただその場合、お金を貰えるのは2ヵ月後。。。

なので、事前に出産費用を用意しておかなければいけません。。。


困ったことになりました。。。

中には全額用意出来ない人もいると思います

ではそんな時は、どうすればいいのでしょうか。。。??


そこで、当時私がやった資金繰りを紹介します!!(^^)


それは『つなぎ資金計画』です


出産育児一時金が貰える2ヶ月の間、『つなぎの資金』を用意するということです!


ココで言う、『つなぎの資金』は親御さんから借りてもいいのですが、

ほとんどのご家庭では、恥ずかしくて

到底そんなことは言えないと思います。。。(^^;)


これから子供が出来るのに、親に心配掛けるわけにも行きませんので。


そこで、便利に使えるのがフリーローンです


ローンは、出来れば『銀行系のローン』がおすすめです

今は、50万ぐらいであれば、すぐに審査も通ります


ちなみに私は新生銀行のカードローンを利用しました

金利は、年5.8%〜14.8%です

私が借りた金額は30万円だったので、14.8%でした


50万円以内なら、支払いは月々1万円です

借りる際は、新生銀行の口座開設が必要になります(パワーフレックス口座


※詳細は、公式サイト:新生銀行をご覧ください


ただ、既に借り入れがあるなどの場合は、

審査が厳しくなることがあります


でもですね、そういった場合でも、

やはり借りるのは銀行系のローンがいいです


安心ですから(^^)


銀行系のローンでおすすめなのはノーローンです


ここは、新生銀行の子会社になります


又は、三井住友銀行系列プロミスですね


別に、新生銀行や三井住友銀行の回し者ではないのですが、(^^;)

私が他のローンも含めていろいろ検討した結果、

新生銀行三井住友が一番良心的でした


やはり銀行系のローンが一番です


ただし、ノーローンについては、

審査がゆるい代わりに若干金利が上がります

ちなみに金利は、年9.5%〜18.0%です


※詳細は、公式サイト:ノーローンをご覧ください


プロミスについても同様ですね

審査がゆるい代わりに若干金利が上がります

ちなみに金利は、年7.9%〜17.8%です


※詳細は、公式サイト:プロミスをご覧ください


そして、ここで借りたお金は、

約2ヶ月後、出産一時金で『一括返済』をします

これで『つなぎ資金計画』は完了です


まとまったお金(出産費用)を用意するのは大変だと思いますが、

この情報を是非参考にしてください。お役に立てば嬉しいです(^^)


資金計画をしっかりと立てて、

心配事を無くし、万全な状態で出産にのぞみましょう!(^^)


資金的に厳しいときは、

ぜひ、この『つなぎ資金計画』を利用してくださいね

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【多くの妊婦さんが見ている人気ページです】


産婦人科の選び方をお知りになりたい方はこちら

生まれてくる赤ちゃんのために食生活の改善を!

出産費用などの出費をご心配されている方はこちら





はじめての方へ

貴重な情報ですので、はじめての方は
こちらからご覧ください

このカテゴリ内の記事

はじめての方へ
産婦人科の選び方
食生活の改善を!
出産育児一時金が42万円に


妊娠から出産までの不安解決メールセミナー 妊娠から出産までの流れに沿って、妊婦さんの不安を解決します
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ
基礎体温と産み分け法
産み分け法について
妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期
産後の生活


【サイト運営者情報】
サイト運営者
サイト運営者紹介
お問い合わせはこちら

【リンクについて】

管理人おすすめリンク集
相互リンク募集について

【管理人お気に入りサイト】



Yahoo!ブックマークに登録